地縛霊と荒牧

高知県の興信所で浮気相談
学校を卒業したばかりの新人ですとか、転職してきたばかりの看護師に対し、経験不足を理由に、労働に見合うだけの残業手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。ただ働きで残業をさせるのは、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働に関する法律に、明らかに違反しています。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、働いたらその分はちゃんと、手当として支払われなければなりません。看護師が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、そのため求人の数はとても多いのです。せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場においてどう考えても給料が労働に見合わなかったり、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、看護師が転職を希望するようになったわけは多様です。今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、できれば給料とか労働条件だけではなくて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。看護師になろうと思ったきっかけは職業体験というものが中学の時にあって介護施設に行ったのですが、そこの看護師さんに感銘を受けたのがきっかけとなりました。大人になったら、こんな風に働きたいと考えたことが端緒となりそこから看護学校へ進み、看護師になることが出来ました。大変なこともあるのですが、それなりに充実していると思います。勤務や休みをある程度自由にすることができ、したい仕事を割と選べる、といったあたりがあえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、長期の仕事もむろんあります。なにしろ、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。ですから、看護師の仕事を探しているのであれば派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、職を探すのも一つの手です。看護師は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。転職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。でないと、転職そのものが危ぶまれます。より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある病院に勤務したい、小規模な病院では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。看護士と看護師、発音は当然同じですが、それぞれ漢字表記にすると、二通りで表すことができます。少し前までだと、看護士というと男性のことで女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。2001年の法律改正を機に、女性にも男性にも使うことができる「看護師」を使うことで統合されました。多くの方が看護師を続ける動機としてよくいわれる動機の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。卒後間もない看護師の場合も、同じくらいの歳の新入社員よりも高めだといえるでしょう。しかし、給料を多くもらうということは、それだけよく勉強して患者さんに返していかなければなりません。私の仕事は病院事務です。通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、どの方もいつもせわしなく働かれています。家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。しかし、案外、上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、なんと子供を連れてきている看護師さんが相当いるんですよ。先生方も笑顔で、温かい雰囲気でした。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く緊張の糸を切らすことがなかなかできず、そうこうしているうちに多くの看護師はストレスに悩まされます。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、メンタル面にもつらい部分があると言えます。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、看護師であり続けるためには重要視した方が良いようです。少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。その労働環境は厳しく、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、ますます看護師の需要は高まり、看護師にかかる心身の負担は大きいです。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、このところ次第に病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。ということは、看護師に関しても現場では切実に求められているのに、今のところ、どこでも人手は足りていません。でも、人手が足りていないというのなら、それは、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等の助かる点もあります。病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。また、病棟勤務と違い、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、病院によりますが、例えば人気のある診療科だったりしますと多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。正社員として働く看護師もいれば、パート勤務を選ぶ看護師もいます。正社員の場合は月給制で、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。どのくらいの額かといいますと昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが世間の相場みたいですね。時間いくらのパート勤務にしては良い時給なのかもしれません。しかし、専門職である人命に関わる看護師であり、かなりの激務をこなしていることを思うと、金額的に少々不満です。夜勤シフトもあって、看護師の勤務時間は一定しません。当然、休みはきちんともらえますけれど、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は多く、人手不足の一因となっています。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、安心して託児ができる施設などがなければほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えてまた看護師となって復職を果たすという、そういった人がじりじりと増えていっているようです。慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、看護師の需要は高いため、転職がとても容易です。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。履歴書による書類選考に通ったら、次の段階、すなわち面接に進むことができます。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をすることになります。しかし、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり見られています。仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力なども相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。医師の仕事と看護師の仕事の間の、二つの間には大きな違いがあります。端的に言えば、医師は患者さんの診察と治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり薬を処方することが仕事とされています。その一方、看護師さんの行うことはといえば、医師の指導の下、診療時に医師の補助を行って、患者の看護を行います。もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずは胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、細心の注意を払ってほしいところです。それから、薬についてですが妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。看護師の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ当然のように疲れを蓄積していき、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、ようやく「少し無理をしているのかも」などと思い巡らすようなことになるのです。我が国の法律で、看護師は仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。ただ、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、緊急事態には、看護師の経験や知識にもよりますが、部分的に医療行為も許可されてもいいのではないかと考えています。看護婦はハードな仕事と言われていますが、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、意義の感じられる仕事です。病院は24時間休みなく動いていますから、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。なので、どこの病院でも日勤、夜勤と交代で勤務することになっています。他の交代制のお仕事と同様、生活リズムを上手にコントロールできなければうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、少なくとも平均年収においては看護師の方が上なのだそうです。看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなくいつでも人手を求めている、という事情により、景気に関係なく、収入が安定しているといった専門職らしい長所もあるのでした。ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、ほとんどの看護師が病院で勤務します。しかしながら、病院における看護業務の他にも、多くの場所で、看護師資格を持つ人材は求められています。例を挙げると、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。つまり看護師であれば、病院ではなくても仕事をすることが可能であり、ライフステージに合わせてより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。そもそも看護師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。そして、求人が途切れるようなことはありません。ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、少し念入りに求職活動を試みれば、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。ネット環境があれば、簡単にアクセスできる求人サイト、それも看護師専門のものがたくさんありますから、活用しつつ、ぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。以前はそれ程一般的ではなかった、看護師各々の能力評価ですが、これを行なう病院がかなり増えました。ちゃんと個人個人の能力について測定し、評価をつけられるよう、一からスケールを作っていった病院もあるようです。能力評価は、月々に行なう所や、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。また、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、土日を休みにできるでしょう。予定にない急な出勤や、休日診療の当番が回ってくることもありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。それから個人経営の病院で、入院施設のないところなら、そういったところは高い確率で土日は休みでしょう。常に激務に晒されている印象のある看護師というお仕事ですが、その勤務時間は、実は意外と調整しやすいようになっています。シフトの具合によっては仕方がないとしても、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、小さな子供がいる人でもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によってもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると人手がだいぶ減ってしまい、夜中の少人数体制の中で眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量はおそらく日勤を超えるでしょう。ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、もし容態が急に変わったら大事になりますし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も仕事の一つです。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、スタッフの数が少ない夜間に患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、時間が経つのを忘れてしまうほどてんやわんやと忙しいこともあったりします。収入面において、看護師という仕事は、他と比べると、女性の仕事としては、けっこう良い給料をもらうことができます。医療現場という、人命のかかった職場であり、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当も間違いなくもらえる、というのも大きいです。他の人より夜勤をたくさんこなしていたり勤務終了でクタクタのところ更に残業をするというような看護師ですと、給料はもちろん、そうでない人たちより高めになります。仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、看護師の世界にもそれはたくさんあり、例としてエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。食事のために休憩するということを仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち現場でよく使われています。このエッセンという言葉自体には、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、その影響です。何であれ今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。